--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.30

カルーラ技研 フレキシブルLED電飾テープ 入荷!

鉄道模型を本物の鉄道に近づける
それがホビーショップF-turnのこだわりです。

あなたもそうお考えですか?
一緒に本物の鉄道に近づけませんか?

こんばんは。
お待たせいたしました。
以前ブログにて試作サンプルをお見せしていた
カルーラ技研製の
フレキシブルLED電飾テープ
が入荷しました!

詳しくは→カルーラ技研のページへ

カルーラ技研様といえば、あまりの技術力に屈服し、
電気と言えばここしかない!

と思いまして、展示会などで共同出展させていただいたりして、
鉄道模型の世界にないもの、あったら最高なものを提案させていただき、製品化や開発をしていただきました。

昨今LEDによる電飾と言うのも普及してきましたが、ごくシンプルな構成でまだまだ、
「らしくない」電飾
しか出てきておりませんでした。

ですが、このフレキシブルLED電飾ユニットはリアルな夜景を演出できます。

製品は次の4種類です。

1、12V9個タイプ

12v9-1.jpg
12v9-2.jpg

今回の製品の中で一番暗い感じになります。

2、12V12個タイプ
12v12-1.jpg
12v12-2.jpg

地方都市の中型駅のホームやオフィスビルのフロアなんかにぴったりです!

3、12V15個タイプ

12v15-1.jpg
12v15-2.jpg
一番明るいです!


以上、12Vタイプのユニットは3個1ユニットとなっていて各製品はLEDの間隔が変わっています。
最小単位が3個ですから
9個タイプ→3個×3ユニット
12個タイプ→3個×4ユニット
15個タイプ→3個×5ユニット


このような感じになります。
等間隔で長さをある程度決めながら使いたいという
作るのは面倒だけど作ってくれるならば欲張りたい欲求に対応してくれています。

12Vなので、パワーパックの電飾電源が使えますので、わざわざ専用の回路作らなくてもいいですよね!

4、3V18個タイプ

3v18-1.jpg
3v18-2.jpg

「なんで3個ユニットなんだよ~。1個単位で使いたい!」
「12Vってどうやって使ったらいいのだろう・・・」

そんなこだわり派&LED初心者の皆様。

●1個単位で使える
●電池で駆動する

それが4番目の 3V18個タイプです。

1個単位で使えますので、5個とか、8個とか使えます。

各LEDユニット共通ですが、
こだわり派が一番喜ぶであろう

鉄道模型ではまず使われないくらい小さいLEDを使用!

各画像にある黄色いのがLEDなのですが、コレはかなり小さいです。
また、ユニット単位で基板を使っているので、簡単に取れたり、面倒な配線をしたりしなくても
実装することが出来るんです。

はっきり言います!
「コレこそ鉄道模型で使えるLED電飾ユニット」
です。

価格は以下のとおりです。
各タイプとも長さ280mm
1、 12V 9個タイプ ¥3,000-
2、 12V12個タイプ ¥3,300-
3、 12V15個タイプ ¥3,600-
4、  3V18個タイプ ¥4,000-


高い!
と思ったかもしれません。
ですが、使っているLEDは1個結構な値段します。
それよりなにより

この小ささ(たしか2mmくらい)に配線する手間ははんぱねぇ~

1個付けるのに1時間以上かかるかもしれません。(マジな話です・・・)

それを取り付けてくれて、使える状態になったものですから

この小さい、LED1個の値段もかかる上、と死ぬほど大変な手間をかけてくれたLEDユニット

是非ご検討を!!
店舗には
P1020110.jpg

“たしかキット”に入れた実装例をお見せしてますので、是非ご来店を!

それから、

●TOMIXだろうがマイクロエースだろうがKATOだろうがワールド工芸だろうが
新しかろうが古かろうが・・・

時速1キロが再現できる
“最初で最後のスーパーコントローラー”

P1010696.jpg
P1010697.jpg


PSパワーパックもオススメ!
(というか買わないと後悔します)
今ならすぐに遊べるマメコンも付属します!

鉄道模型をココまでリアルに考えてます!
ホビーショップF-turn



スポンサーサイト
2010.08.26

PSパワーパックを再入荷しました♪

他社では作れないコンセプト、
リアルなレイアウトを製作いたします。


JAMにていろいろご説明させていただき、お買い上げいただいたPSパワーパック
再入荷しました。

さて、
「PSパワーパックってただの電車でGO!のコントローラーが使えるだけのコントローラーなんでしょ?」

と思っている皆様。
それは間違いです!

JAMにてデモをお見せしましたのですが、
フライホイールの入っていない旧型タイプの動力車
でも超低速が出せるという
鉄道模型のパワーパックの中では最高級レベルの商品です!

うそではなくて、フライホイールが入っていなくても時速1kmも再現できます!

そんな速度が動くのですから、低速性能にものすごく長けています。

パワーパックは低速が命!
コレは誰もがそう思うことだと思います。

この低速は鉄道模型の常識を超えています。
当然のことながら、減速時の低速粘りも同様に、
な・なんでこんなに低速が伸びるんだ!
驚くと思います。

大変申し訳ないのですが、
「鉄道模型のメーカーでは絶対作れない高性能コントローラです」

そのパワーパックが19800円でゲットできるんです。

しかも、その操作に使うのがリアル操作が可能な
プレイステーション版電車でGO!のコントローラー
で操作できるのです!

私はこのパワーパックをオススメしていたときに、
マスコン運転できてしかもよくできたパワーパック
と言ってきましたが、こういう説明が正しいということを再認識しました。

おさらいします。
PSパワーパックが最上級パワーパックだと思う点は

●フライホイールが入っていなくても、時速1kmが出せるほど超低速に強い!
●線路はTOMIX、KATO、フレキetc...とオールマイティOK!!
●常点灯機能搭載!
●モーターごとに走り出し設定が可能できるなど、調整の幅が抜群に広い!
●客レからVVVFまで、5種類のお好み加減速搭載!!


“時速1km”が再現できる最上級パワーパック
しかも
マスコン運転でそれが再現できてしまう!

に訂正いたします。
コレは嘘ではなく本当です。

(会場で見た人は知っていますよね♪)

今回再入荷したものは、
PSパワーパックAタイプ
P1010696.jpg

こちらはNゲージ用の1.5Aの容量です。
これくらいあれば、フル編成室内灯が入っていても大丈夫です

次にPSパワーパックBタイプ
P1010697.jpg

16番(HO)でも十分足りるように2.5Aまでパワーアップ!

お値段は、
Aタイプ 19800円
Bタイプ 24800円

です。

なお、今お買い上げのお客様には
マメコンを無料でお付けしています。
P1010698.jpg

電車でGO!のコントローラが無くてもすぐ遊べます!!
*電車でGO!ツーハンドルコントローラも1点在庫しています。

マスコンタイプのパワーパックは数々出ていますが、
コレは次元が違います。
絶対オススメです!

そして、パワーパックとしても
次元が違います。


コントローラはコレにした方がいいですよ♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。