--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.30

根府川鉄橋用の車輌を借りられたので、更に画像集です。

こんにちは。本日依頼者の方に商品を納品しました。
大変気に入ってもらいまして、この鉄橋を見れることもないし、
いろんな方に観てもらいたいとの事で、もう少しの間お店においてもらえることになりました。
そして、ココに合う車輌を借りました。(商品ならば一応あるのですが、常に展示は出来ないので、)
ありがとうございます。

根府川A


根府川B


根府川C


根府川D

撮影しまくりです♪
鉄橋があると説得力がありますね!!!


ここ数日来店するお客様は
「ものすごくいい!」
といっていただけるのがうれしいです。

やはり皆さん鉄道模型にも本物の鉄橋が欲しいと思っている方がいらっしゃるのですね。

なかには
 観ていて飽きないし、コレはブログではなくて、実物を見たほうが断然いい

と言ってもらえる方もいます。
確かに車輌を本物のように製作する方が多いのは、本物の路線が作りたい、リアルな電車に近づけたいというのがあるからだと思うのです。
ということはレイアウトもこの路線!というようなモノがあった方が良いというと思うのです。

根府川鉄橋くらい有名に鉄橋ならば、鉄道ファンは誰もがこの路線を東海道線
だと思いますよね。そういうのってありそうでないのが鉄道模型の世界でした。

私はあまり文章もうまくないし、画像をうまく撮ることが出来ないので、うまく伝えられてないと思うのですが、ちょっとでも伝われればうれしいです。

もし良かったら、カメラ片手に撮影しにご来店くださいませ。
地面がなくてもこの鉄橋の説得力がわかります。

鉄道模型にだって本物があったって良いなと思ってもらえます。
とくに撮り鉄のかた、是非是非見に来てください。

そして、
撮影ポイントを自分のものにして見たいと思っていらっしゃる方

製作させていただきます。 プラ製品と違いまして、手間がかかるのですが、
鉄橋の雰囲気はプラに負けません

紙で鉄橋を作っているのは世界でも当店くらいです。

製作依頼お待ちしております。

千葉県市川市市川南1-4-24
               大信コーポNo.6A
ホビーショップ F-turn



スポンサーサイト
2009.05.29

白糸川橋梁完成画像その2

白糸川橋梁が完成(地面の部分はお客様が製作するということですので、今回はこの時点で完成となります)しましたので、他の車輌を載せて撮影しました。

やまなみせせらぎ

やまなみとせせらぎ編成
(残念ながらどちらも売り切れました。 1個8500円は安すぎたかな~)

113系

113系湘南色。 今やもう走っていないですね・・・
(こちらはまだ販売中です。 遊んでない新品同様で15連1万●千円)

雰囲気抜群です。 鉄橋が良いと車輌は何を載せてもかっこよいですね♪

お知らせ
こだわるならば鉄橋もこだわりませんか?
鉄橋も本物の方がかっこいいですよ。
どこにでもあるような鉄橋では雰囲気が出ないと思っていらっしゃる方にオススメです。

*参考価格
ちなみに東海道線白糸川橋梁
作例のように鉄橋部分、基礎外形製作(地面などはお客様に作っていただけるように半完成状態)
ですと、
設計料、製作料、送料込 で、20万円です。
尚、完成状態などいろいろ対応できます。

1つの鉄橋の為に図面を引き、カット、組立、塗装まで手作りですから、手間がかかります。

なので、他の有名なレイアウト製作店ではこんな面倒なことしません。
ですが、この面倒なことをしないと
本物に近づけたもの
は製作できません。 本物志向のお客様にオススメです。
普通の環境に設置する分には10年以上持つように設計していますので、
単純計算で1年2万円という計算です。そんなには高くないです。

個性的なそして、自慢できるものが欲しい方!絶対にオススメいたします。
もう一度言わせていただきます。

本物はなかなかないですよ



千葉県市川市市川南1-4-24
                 大信コーポNo.6A

ホビーショップ F-turn

2009.05.28

車輌を載せてみました。(根府川鉄橋完成間近)

こんにちは。
それでは手すりも塗装が完了しましたので、車輌を載せてみました。

DSCN1883.jpg

これで大体塗装は完了です。

それでは、サンライズを載せた感じはこちらです。

DSCN1866.jpg

DSCN1864.jpg

DSCN1867.jpg

これでよりサンライズのイメージ、東海道線のイメージ
がすごくよくわいて、ファンにとっては涙モノではないでしょうか?

ご自宅に、お店に、根府川鉄橋なんてどうですか?

是非オススメです!





2009.05.27

塗装完了です。

こんにちは。
本日は定休日でしたが、頑張って色を塗ってしまいました!
根府川鉄橋がとうとう目の前に現れます!

それではどうぞ!!!

DSCN1862.jpg

ついでに紙製の手すりも設置しました。

皆さんがカメラを構えた根府川鉄橋(白糸川橋梁)ですよね!

本物はてすりは赤に塗装なんですが、この白がすごく映えていてカッコイイです!!

DSCN1863.jpg

普段はこのように撮らないと思いますが、側面を撮りました。

紙とは思えない奥行き、質感、重量感!
前回の犬山橋同様に特徴が出たと思います。
どうですか?
好きな車輌を載せて、写真撮影したくなりませんか?
線路を敷設してませんが、敷設すれば走行できますから、本物同様に走行シーンの撮影なんてのもたまらないですよね♪
さて、今回の注文は鉄橋と基礎部分のみですので、作業が佳境に入ってきました。
手すりを塗ったり、まだやることがありますが。
もう鉄橋を20作ほど作りましたが、いまだに作った鉄橋が色が塗れてここまでなると見ているだけでウキウキしますね♪

おしらせ

鉄橋注文承ります。
今見ていただいたような全国の撮影ポイントになっているような鉄橋から、地元のごく普通の鉄橋まで、製作いたします。

製作は製図から塗装まで、一つ一つ手作り!
機械では出せない手作りの良さがでるとおもいます。
そして、うちの鉄橋は

全部紙で作ります。

紙で作ることにこだわりを持っています。
表現できるもの(地面も含め)については紙で製作させていただきます。


全部手作り、おまけに紙で作る。 

鉄道模型のレイアウトではありえないことだと思いますが、コレを貫くことで、
メーカーではリリースされない鉄橋が製作出来ます。

そして、超軽量なレイアウトになります。

レイアウトでは難しい頭上に設置したり、
モジュールと固定を兼用したりと
常識はずれのレイアウトが製作できます。


結果お客様のご満足いただけるモノが提供できると考えています。

大量生産が出来ませんので、商品としてではなく、
作品としてみていただけると幸いです。

鉄道模型のレイアウトに実物の橋梁模型を入れて、
レイアウトにリアリティを追求しませんか?

是非ご検討ください。

千葉県市川市市川南1-4-24
               大信コーポNo.6A
ホビーショップ F-turn




2009.05.26

根府川鉄橋 塗装開始です。

さて、修正も完了したので、いよいろ本物のようになっていく一瞬が始まります。
使っている塗料はいつものミスターカラーの今回は下と上は色を変えていきます。
これは日のあたる場所とあたらない場所を表現して、
鉄橋の大きさや重厚さを表現するためです。

エアブラシで丹念に塗ります。しかし奥まっているところは結構塗りにくいです(苦笑

根府川塗装1
向かって右側が奥を塗り始めたところ、左がサーフェイサーのみの状態です。
なんか本物の鉄橋をグレー→レッドに塗装している感じですね(笑
わざと白を上に塗らなかったので、赤でも質感が違う塗装色になります。
近づいくとこんな感じです。

根府川塗装2

重厚感が出ていますね♪
プラスチックでは結構このように作るのが難しいと思います。表面をしっかりと加工しないといけないと思うのですが、紙で作ると、サーフェイサーや塗料が勝手にまだらに乗ってくれるので、フラット状態になります。

さて、続きをやっていきたいと思います。

おしらせ!

実物の鉄橋を入れて、
本物の路線を運転しているようにしたら最高に楽しいですよ。

路線のイメージを掴みやすいものって考えてみてください。
車輌も去ることながら駅舎、鉄橋この2つが結構ウエイトを置いていると思いませんか?
特に車輌はもういろんな出来の良い車両が出ています。そうすると欲しいのは鉄橋、駅舎ですね~。
その中でも当店は鉄橋製作を得意としています。

メーカーの鉄橋では形、改造に限界がありますし、本物のサイズは簡単には作れないです。

当店はあるものを改造して作るのではなく、本物をスケールダウンして、製作していきます。
なので、全国のあらゆる鉄橋をスケールダウンして、製作していきます。
なので、個性的な形をしている鉄橋など製作が可能です。
特に、人と違うものが欲しいと思う方にオススメです
あなたのレイアウトに本物の鉄橋を入れてみませんか?
業者の方も大歓迎!!!!
お店自慢のそして、全国でうちにしかないご自慢のレイアウトなんていかがですか?
路線が大好きな人は必ず来ます。宣伝効果大です!!!


他店では作らないような鉄橋を製作します!!
是非ご検討ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。