--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.26

鉄道模型に飽きていませんか?

こんばんは。
鉄道模型に飽きていませんか?

このブログでは何度となく書かせていただいております。
それはなぜかといいますと。

「鉄道模型を楽しんでいない人が相当数いる」
とすごくで感じるのです。

鉄道模型の業界に危機が来ていると私は感じます。
業界なんて大げさだとお感じかもしれませんが。コレはヤバイと思います。

鉄道模型を趣味にしていらっしゃる人々はここ数年で確かに増えました。
それに比例してメーカーのラインナップも本当に増えました。
昔からやっている人は特にそう感じますよね。

どの趣味もそうですが、一番の核となる人たちというのは、
鉄道のピラミッドで言うところの真ん中のあたりだと思います。

*車両数で推し量るのは不適切かもしれませんが、150両~1000両くらいとしましょうか。

このブログを何度と無く見ている人はある程度私の文章を理解していただけたり、納得していただいたり
していると思うので書かせていただきますが、

そのうち何両を遊びましたか?
遊んでいない車両は全体の何パーセントですか?

*遊ぶの中に動作チェック程度を入れてはいけませんよ(笑

痛いところをついたな!
とお感じの皆様もいらっしゃると思います。

鉄道模型を最初買ったときの頃を思い出してください。

好きな車両を買ってきて、好きな風景や自分の理想の沿線を作り、
いつかそこを走らせながら眺めたいな~


そう考えていませんでしたでしょうか?

ですが、

コレは珍しい形式だから買わないと!
コレは限定品だから買わないと!

買ってきてちょっと見て、ニヤニヤしてそれを車両ケースにしまって、
車両コレクションの保管場所において、
そのまま…


確かに場所の問題、時間の問題いろいろあるとは思いますが、それを半年、1年と続けてしまった結果…

500両もあるけど遊んだという車両は
初心者時代に遊んだ車両たちだ…

コレが進んでいくと、
「何でこんなに買ったんだろう…」
「鉄道模型って何が楽しかったんだろう…」


↑少しこう考え始めていらっしゃる人もいるかもしれません。

私がペーパーレイアウトの世界に入ったのは、ココまで追い込まれたからです。私はたまたま実在する場所をレイアウトにして、本物の鉄道をそのまま自宅に再現する楽しさに
出会ったので、そのピンチを切り抜けることができました。

レイアウトは風景を作る模型です。ですが、そのほとんどは風景の中身にかなり作りこみを重視しすぎて、
車両を見せる事をおろそかにしてしまう傾向にあると思います。

ですが、車両が走って、バランスがよく映るからこそ、作りこんだ風景が映えるのだと考えます。

ペーパーレイアウトの世界は、車両を生かす事を重視して製作することによって、
鉄道模型を眺めるということを一番大事にしています。

だって、
鉄道模型は車両の模型が主役ですから!

車両を車両ケースにしまったままだと、主役が全く出てきません。
それでは鉄道模型に飽きてきて当然だと思います。

鉄道模型の楽しさをもう一度考えてみませんか?

走らせる、眺める、作りこむ

人には向き不向き、好みがありますが、
今の本当に鉄道模型楽しんでいますか?


いや。楽しんでいない!

と思った皆様。ココで軌道修正しませんか?

是非当店にお越しください。
113nebu2.jpg

微力ながら↑のような飾る楽しさ、
模型の値段分は確実に楽しむお手伝いをさせていただきます。

そして、本当の楽しさを知っている人がいないと、
趣味をやめてしまう人が増えてしまうので、鉄道模型の業界は終わります。(←やっと結論にきましたw)

鉄道模型倶楽部を開設しました。

ペーパーレイルウェイズのページへ

既存の鉄道模型の倶楽部とは全く違うと思います。
(鉄道に詳しいのも大事ですが、鉄道模型本来を楽しみを満喫する事を重視した倶楽部です)
同じ考えの人がたくさん集まるとても居心地のよく、楽しい模型倶楽部をと考えていますので、
是非ご検討ください。

来年のJAMは皆さんで、楽しい運転会ができたらなと考えております。

DSCN3992.jpg

今年のJAMでは、一発で東海道線!とわかる有名撮影ポイントを鉄道模型に
“ペーパーレイアウトで”再現しました。

来年、この鉄橋をあなたの車両を走行させませんか?
*レイアウト自体、東海道線にこだわってないので、何線でもOKです!!
当会に入って、あなたのレイアウトを増設して、もっとカッコいいレイアウトを一緒に作って、
眺めて楽しみませんか?

誰も作ってくれない有名撮影ポイントを
完全オーダーメードで製作する日本で唯一のお店です。

ホビーショップF-turn
千葉県市川市市川南1-4-24大信コーポNo.6A
047-369-6123


スポンサーサイト
2010.09.24

9月24日の営業について

9月24日は大変申し訳ございませんが、
17時までの営業とさせていただきます。
25日は平常どおり営業いたします。
よろしくお願いいたします。







2010.09.23

“たしか・・・キット”試作サンプル2


実在するあの場所をあなたのご自宅にそのまま再現いたします。

現在製作中のペーパーストラクチャーシリーズ
“たしかキット”
のサンプル写真を撮りました。

tasika1.jpg

tasika2.jpg

ここのブログでは口をすっぱくするくらい言っていますが、
鉄道模型をなんとかして楽しんでいただきたい。
遊ばない理由はいろいろあると思います。

場所が無い。
忙しい。

それが多い理由かもしれませんが。

○鉄道の施設など周りにバリエーションが少なすぎて鉄道らしく感じない
○車両を引き出すようななにかがない。


とお考えの方もいると思います。
長い年数されている人や、撮り鉄など複数やっている人は特に多いのではないでしょうか?

ならば、車両を引き出すような何かを製作しました。

上の2枚の写真はキットをただ組み上げた101系と、KATOの何の変哲もない103系です。
ですが、いかがでしょうか?

とても新鮮に写りませんか?

車両工作を得意としていたり、そちらをメインにしているそこのあなた!

一生懸命製作した車両たちですが、
“他の車両たちとの違いをちゃんと強調できていますか?”

前面部分は、カメラを接写したりすれば、わかるかもしれません。
ですが、以外に手がかかる割にディテールの違いや魅力がわからなくなってしまうのは、
屋根上ではないでしょうか?

現在製作中の“たしかキット”では、
tasika3.jpg

ご覧のとおり、パンタグラフ点検台を設置しています。

点検台の間にある車両の屋根上機器の数々。

ココに写っている車両は素組みの101系とKATOの103系ですからね!!!

すごくかっこいい!!

と感じませんか?
ココにあなたの車両を置いて、ディテールを見てみたい!
と思った皆様。

コレはキットとして発売いたします。

一応名前は 
ペーパーレイアウトシリーズ “たしか…キット Y検車区”

です。
モチーフはとある私鉄(関東では相当でっかいですよ)のとある路線の沿線にある検車区です。
わかる人はたぶん… いないかもしれませんね。
ですが、その私鉄の車両群をお持ちの人は路線イメージを出すのに相当苦労されていると思います。

また、このキットにはもうひとつコンセプトがあります。
それは

“見とれる模型ディスプレイ”

いままで、見とれる模型ディスプレイってありましたでしょうか?
ましてやそれをご自宅で再現できましたでしょうか?

tasika4.jpg

たしか…キットには電飾を入れることが可能になっています!

この電飾は、
時速1kmが出せる日本唯一のパワーパック!
を発売している鉄道模型制御のプロ集団
㈱カルーラ技研様が開発されいるものです。

詳しくはカルーラ技研様が書かれると思うので、軽く触れておきますが、
何が違うかというと

○コンパクトで、自由が利く夢の電飾システム!

tasika5.jpg

↑この画像は試作もあってマスキングテープで止めていたりしていた見苦しいかもしれないですが、
よ~く見てください。

LEDの基板がものすごく薄いんです。
テープ状の基板なんです!
そして、ある程度凸凹のある場所にも取り付け可能なんです!

数日中にたしか…キットの完全サンプルを製作しますので、
その時には、
たしか…キットとカルーラ技研製LED電飾ユニットを入れたY検車区
見とれる模型ディスプレイをご紹介したいと思います。

こうご期待!

お知らせ!
皆さんも一緒に見とれる鉄道模型倶楽部を作りませんか?
当店のお客様が有志で鉄道模型倶楽部を作りました!

その名はペーパーレイルウェイズです。

うちのお店のように、
派閥が無く、気軽で堅苦しくなくそして、リアルな鉄道模型の世界を楽しむを目指しています。

○倶楽部に今まで属したことが無い
○以前所属していたが、堅苦しくてやめてしまった
○ただ走らせるのではなく、リアルな鉄道模型を楽しみたい

そんな皆様を探しております。
ちょっとご検討してみてはいかがでしょうか?

詳しくは、代表のミュースカイさんまで

あと、コンセプトを考えた私のブログも見てやってください♪

ペーパーレイアウト? ver.1
よろしくお願いいたします。




2010.09.17

営業時間変更のお知らせ

いつも当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。

明日(9月18日)土曜日は諸事情によりまして、
営業開始時間を14時からとさせていただきます。

また、明日は日本工業大学駒場高校にお邪魔しようと思います。
もしお越しになる方いましたら、お声をおかけください。
(といっても長い時間滞在できませんけども…)

<お知らせ>
ペーパーレイアウトのクラブを作ることになりました。

当店のお客さま有志で、ペーパーレイアウトならびに
実在する場所や、バランスの取れたレイアウトを持ち寄って、
鉄道模型本来の楽しみをもう一度思い出したいという
コンセプトで、鉄道倶楽部を発足することにしようということになりました。

倶楽部の名前は
ペーパーレイルウェイズです。

基本的にコンセプトもゆるいですし、今まで倶楽部などに属していなかった、
敷居が高そうと言うのをなるべくなくすような倶楽部にしたいそうです。

私はあくまでもサポート役になると思います。
私のような人間が「こうしろ、ああしろ」では居心地が悪いと思います。

みんなで楽しくやりたい。
買った車両たちを値段分楽しみたい!
複数人のレイアウトを持ち寄ることで、楽しさを数百倍にしたい!


コレが基本だと思います。

詳しくは発起人であり、言いだしっぺの当店お客様のページをご覧ください。
ペーパーレイルウェイズのページへ

*只今、倶楽部のメンバーを募っております。
いままで、お一人で活動されていて、鉄道模型を他の人と楽しんでみたいと思った皆様。
ペーパーレイルウェイズはきっと居心地言いと思います。

なぜならば、私がゆるゆるだから(笑

一緒に活動できたら幸せです♪


2010.09.14

「たしか」キット第1弾設計中!

博物館でも置いていないような
「超リアル・橋梁構造まで再現した」
レイアウト・ジオラマを紙で製作する世界唯一のお店です!


レイアウト製作をされている皆様。
販売しているストラクチャー類にご不満はありませんか?

注)決して出来が良くないという理由ではないです。

種類がすくなくて、折角作っても
○他の人と差がつけられない。
○オリジナリティが薄い


そう思っている皆様。
そして、ペーパーレイアウトを作ってみたい。

そんな皆様。
ホビーショップF-turnでは、現在キットを設計・試作中です。

今回は、橋梁ではありません。
鉄道施設(機関庫)シリーズです。

以前当店では、蘇我駅の奥にある千葉機関区をモチーフにした機関庫をキット販売しておりました。

pkikan1.jpg
pkikan3.jpg

↑レイアウト導入例

鉄道施設は現在のところ、KATO,TOMIXさんなど大手の模型メーカーさんが各施設1種類ずつくらい
製作しています。
ユーザーさんはその中から製作するので、凝ろうとしても

色違い、幅短縮など軽加工くらいしかできなくてイメージに合わなかったと思います。

また、昨今は模型雑誌にこのような製作記事が全く載らないため、
参考になることもなく、よりレイアウトに奥行きが減っていると思います。

そこで、
「一人でレイアウトに幅を、毎日ちょっとでもいいから鉄道模型と遊んで欲しい!」

と悪あがきの提案をしているホビーショップF-turnでは、

実際にはあるが、鉄道模型では見たことがないものを
キットにしていこうと考えました。

当店のペーパーレイアウトの方針は
「リアルなものを現地に行かないで、ほぼそのとおりに製作する」
がコンセプトです。
(プロの設計士が監修しているかこそできることですがww)

キットの場合は、お客様に作ってもらうことも考えて製作するので、100%をキットにすることができません。
(キットですから、作っていただきたいし、いろんな人に楽しんで作ってもらいたいので)

そこで、ストラクチャー類のシリーズに名前をつけました。

その名も
「たしか」キットです。

その名のとおり、
たしかこんな感じになっていたような」
「中は入れないけど、きっとこうなっているだろう」

100%再現はできないが、見た人が「あそこだ!」っとわかってくれ、
想像ながら、ある程度は当たっているというキットを製作することにしました。

さて、その第一弾はこちらです↓
yuki1.jpg

*置いてある車両はイメージです(笑

どうでしょうか。
今までの検車区、電車区、機関庫の製品にはない形だと思います。
そして、雑誌で製作記事が紹介される可能性があるくらい珍しいものになると思います。
ですが、
コレをキットにします!(完成品も少量作る予定ですが)

yuki2.jpg

正面から。
こんな車庫、実在はありそうだけど
鉄道模型の世界では、フルスクラッチでないと作れないと思うんです。
ですが、キットにします。


この車庫はモチーフがあります。
某私鉄のとある検車区です。
ちなみに車庫サイズは280mmですが、2つつなげるとほぼこの検車区の1/150くらいになります。

側面のモールドなどが珍しいのですが、ココを写真でとったりする人がいないため、
見落としている人が結構いるかもしれません(笑

yuki3.jpg

どうですか! このカッコいい雰囲気!

カッコいいと思いませんか?
これも作っていただきますよ!!!

一応キットの概要を書きたいと思います。


長さ:280mm(2つつなげられるようにできるようにする予定)
複線間隔:TOMIX37mm

セット内容:外観キット(車庫の外観、建物自体のキット)
      オプション:Y検車区グレードアップパーツ(側面モールド、パンタ研修庫内パーツ)
      
ココだけの話:車庫内をかっこよく見せるための小型LEDユニットも発売するかも♪

車庫の外観だけで十分という人や内部は自分で作りたいという方は外観キットだけ購入ください。
オプションもつけて、もしかしてY検車区?というくらい作ってみたいという皆様は、是非オプションも購入ください。

なお、
「たしか」キットは素材キットとして位置づけておりますので、工夫などいろいろしてみてください。

構造まである程度考えたペーパーキットというのは歴史も作例も少ないので、いろいろチャレンジしてください。
そして、ペーパーレイアウトの楽しさ、すばらしさ、オリジナリティを楽しみませんか?

まだ、開発段階ですが、このような面白いモノをつくろうと考えておりますので、ご期待ください。


本当に鉄道模型楽しんでいますか?
知らず知らずに車両コレクションだけをしていませんか?
趣味を始めた当初の
「あの場所を鉄道模型にして楽しむぞ!」
を忘れてしまっていませんか?

このブログを見たのも何かの縁です。
コレを機会に鉄道模型の本当のたのしさ、最初の夢を実現しませんか?

実際は遊ぼうと思っても、楽しめる車両は数が限られていると思います。
遊んでない。持っているのかどうかも覚えてない。

その車両たちを売って、あの撮影ポイント、あの路線を
ご自宅、模型倶楽部、お店において楽しみませんか?

実在する場所をレイアウトにしているお店はないと思います。
是非ご検討ください。

あなたのご自宅に本当に欲しいあの場所を製作いたします。

ホビーショップF-turn
JR総武線 市川駅南口徒歩2分?
047-369-6123



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。