--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.11

お父さんはあの感動を再度味わってもらいたい。そして、お子さんに伝えて欲しいです

こんにちは。
連休ですが、鉄道にまたはプラモデルにと楽しんでいますでしょうか?

何もしないで、ゲームやっている~。
と言う方もいるのではないでしょうか。

さて、先日幕張メッセで開催中の全日本ホビーショーに行ってきました。

なかなかいいものもありましたが、今回行っての感想は
比較的商品に魅力を感じるものが少なかったのと、
完成品が増えたことです。
確かに完成品もいいのですが、あの感動がないのはもったいないと思います。

思い出してください。
”欲しい新製品プラモデルが出るまでのもどかしさ”
”発売日にいち早く買いに行くときのワクワク感”
”いち早く形にしてやろうと意気込んで製作しているときの夢中ぶり”


最近忘れていませんか?

私はプラモデル製作に正解はないと思うし、完璧はないと思うのです。
なぜならば、同じプラモデルでも
1回目よりも2回目に作ったほうが上手に作れますし、10個作った後に作ったものはよりうまく作れますし、3年後に作ればまたもっとうまくなるし。

そして、プラモデルは思い通りに作るため、リアルに作るための追求だと思うのです。

最近、ものづくりが危ないと言われてますが、プラモデルはその第一歩のツールではないでしょうか?
小学生や中学生のお子さんをお持ちの親御さん。


あなたが小さいときに味わったモノをつくる楽しさを伝えませんか?

●自分のイメージどおり作るための手順を考える
●モノを削る、取り付ける、色を塗るときのコツを経験し、会得する。
●戦車などが稼動していたときの歴史的背景、戦場の地形、鉄やサビなどの質感
●英語だらけのキット説明書の言っている意味を理解する


私が子供の時はよく
「プラモなんて作ってないで勉強しなさい!」
なんて怒られましたが、これは良く考えると
遊びながらいろんなことを学んでいました。

そして、プラモがうまい人は何をやらせても上手です。
仕事が出来る人が多いです。(私の周りだけかも知れませんが・・・)


プラモデルを作るときにする動作は今後の人生で必ずいろんなところで役に立つと思います。
そして、それは机での勉強では味わえないと思います。


親御さんに提案があります。

プラモデルを作らせて上げる機会を作りませんか?

簡単なことです。
●普段行くゲーム屋さんでなく、たまには模型店に一緒に行ってあげてください。
●お子さんに親御さんの小さいときに作ったプラモデルの楽しさを話してあげてください。
●休日は一緒に作ってみてください。


お子さんの新たな才能が見出せるかもしれません。 
地道にコツコツ積み上げる大事さを体で教えてあげることが出来ます。

そこで、当店の話になるんですが(笑

ホビーショップ F-turnのプラモデルは20年くらい前のプラモデルがメインのお店です。

特に、私がモーターライズプラモデルがすきなので、モーターライズプラモデルを扱っているお店です!

お父さんが小学校時代にお店に並んでいたあのプラモあります!

お子さんをつれて、ホビーショップ F-turnで来ませんか?

当店は鉄道模型も、プラモデルもあり、
いろんな方にものづくりの楽しさ、魅力を伝えたい

是非ご来店ください。

小さいお店ですが、こんな今では珍しいこんな商品がそこかしこにあります(笑

DSCN2674.jpg
DSCN2675.jpg
DSCN2677.jpg

JR市川駅南口すぐ!!

ホビーショップ F-turn

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://fturn.blog10.fc2.com/tb.php/113-ac681700
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。