--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.12

お客様ご依頼 京都高倉橋製作記その1

あなたの好きなあのレイアウトを製作致します。
リアルな質感、フォルム、奥行きを出すペーパーレイアウトを是非ご検討ください!

お客様にご依頼いただきました京都高倉橋の製作記を使いながら
ホビーショップF-turnのオーダーメイド製作をご説明していこうと思います。

まず最初にやる作業は、橋梁の全体像の解析から行います。
小さいものならば、一つ一つ寸法を測る事が出来ますが、橋梁はかなりでっかいものですからそれはできません。

そこで、プロの設計士に概寸法を解析をしてもらい、橋梁の大体の形状、大きさなどを解析します。

次にご依頼者さまにそれをモデル化した時のサイズを概図面にてお知らせいたします。

高倉
コレをもとにお客様の細かい仕様を踏まえた上、図面を再度設計して基礎解析が終了いたします。

尚、仕様はある程度はご希望に調整できます。
早い段階でお知らせいただきますと設計がスムーズに進みます。

今回の高倉橋のように併用軌道だったものも製作が可能ですので、
都電が走っていたあの鉄橋の在りし日の姿も製作できます。

次にコレを基に鉄橋を
本解析(全体の構造など)を行い、紙で製作出来るように、
部品バラシ
を行います。

紙で橋梁を作るにはハリボテでは出来ません。
鉄橋を作るには本物と同じ作り方で作っています。
ココが日本で当店だけのこだわりです。

なので、外観だけでなく、
鉄骨感
奥行き感
質感

を再現いたします。
そして、一つ一つ図面を引くからこそ

本当のあの場所の模型
を製作致します。
どうせ持つならば自慢出来るものを、そして、いろんな人が喜ぶそんなレイアウトを製作致します。

是非ご検討ください。

製作時の画像は次回掲載します。


お知らせ

3週間ほど前、担当が不在の為、車両(KATO 285系サンライズ)の取り置きをしていただいたお客様に業務連絡です。

大変申し訳ございませんが、ご連絡をいただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

千葉県市川市市川南1-4-24大信コーポNo.6A
ホビーショップ F-turn

電話 047-369-6123


ホームページは→ http://fturn.web.fc2.com/


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://fturn.blog10.fc2.com/tb.php/156-694ead3d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2010.03.16 13:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。