--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.15

お客様ご依頼 京都高倉橋製作記その2


模型の世界であなたの本当に欲しい場所、橋梁
オーダーメイドで製作致します。


1/400東京スカイツリー好評展示中です!

こんばんは。
さて、お客様ご依頼の京都高倉橋の続きを掲載します。

さて、前回は橋梁を設計するまでの手順をご説明いたしました。
前回の記事は→京都高倉橋製作記その1

設計仕様が固まり、OKが出ると設計士による図面製作にかかります。

現在ではレーザーカットなど便利なものがあります。
ですが、当店では図面を引いて30数年の設計士による
手引きで図面を製作致します。

確かに大量生産をしたりするのならば、CADで引いて製作したほうがよいのかもしれませんが、
製図途中で人間がカットできる限界や、製図する際の仕様をちょっと変更するのにはCADは時間がかかりすぎる
為、全部手で引くのだそうです。

あとは、製作に時間がかかるので、図面にあまり時間をかけたくない。
そして、本当に欲しいものを欲しい仕様で作りたいので、1つの作例に1図面で製作します

そうして部品バラシ図がこちらです。
*シャープペンで線を引いてますので、ちょっと薄くて見えにくいかもしれません

DSCN3379.jpg
DSCN3380.jpg

ペーパーレイアウトは橋梁を構造解析しますので、
小さい鉄橋でも部品は結構存在します。ですが、この一つ一つが出来上がったときの
鉄橋のかっこよさになるのです。

次にこのバラシ部材をカットしていきます。
レーザーカットやカッティングマシンなどありませんから、
人間(このブログを書いている本人ww)がカットしています。

私はペーパーで橋梁やレイアウトを20作ほど製作しています。
人間の限界は0.5mmくらいまででしたらカット精度は出せるようになりました。
(かなり集中しているときでないと出せませんので、慎重に行っています)

DSCN3381.jpg

DSCN3382.jpg

カットしたものは上の画像です。
円弧のカットもフリーハンドカットをしています。
正確にはこんなでかいサークルカッターがありませんから(笑

このように、全ての部材をカットした後、組立作業を行っていきます。

次回、組み立て作業の部分を掲載いたします。


お知らせ

あなたの欲しいあの場所を製作致します。
作例記事のように、お客様の本当にほしい橋梁を本当に欲しい仕様でいつまでも残しませんか?

playout1.jpg
playout2.jpg

往年走っていたあの車両が通過した光景
甲種回送、臨時列車など一度だけ走ったそんなレアケース
ペーパーレイアウトを使えば簡単に再現!

●展示台として眺めながらの一杯♪
●超軽量です。 運転会に持ち運べば、最高の時間が過ごせます♪
●固定式レイアウトでありながら、場所交換が出来ます!
●世界に一つ、あなたしか持ってない本物に近いレイアウトを製作いたします。


上にあるチラシを眺めて、
「こ・コレは俺の理想だ!」と感じたお客様♪
夢を実現させてください!

千葉県市川市市川南1-4-24大信コーポNo.6A
ホビーショップF-turn

電話047-369-6123
ホームページは→http://fturn.web.fc2.com/

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://fturn.blog10.fc2.com/tb.php/157-7e6e1302
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。