--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.01

紙を使う理由。紙でないと作れない理由。

室内模型では最大サイズ1/400東京スカイツリーならびに
まもなくなくなる鉄橋 余部鉄橋など
実在するあの場所をオーダーメイドで製作致します。

なぜかたくなに”紙”で橋梁模型やスカイツリーを作っているか。

よく質問されます。

プラや金属の方が素材そのものの強度はある。
わざわざ図面をカットする必要ない。
大量生産できる


という意見が大半だと思います。
いろんな模型を見ている人もそう感じているでしょうし、心のどこかでそんなことを考えていると思います。
もっと大量生産する事だってできるだろう。

大半の人はそう考えているでしょう。

私は頑固者だから紙に直接図面を引いているのではありません。

○紙で作ったほうが綺麗で誰にも負けないフォルムが出せるのです。
○大量生産できる方法がないからわざわざ1点ずつ作っているのです。
○大量生産しても皆さんが絶対に満足しないからオーダーメイドで製作しているのです。


コレを一つ一つ説明すると膨大な文章量になってしまうので、完結に申し上げると

●綺麗に作るために、つなぎ目を減らし、素材として強度のない紙を本物の鉄橋を作るように製作するので、
 強度がある橋梁が作れます。

●小さい橋梁は作ろうと思えばたくさん作れます。ですが、皆さんが驚くようなでっかい橋梁図面をコピーできる機械 がありません。あっても断られます。(交渉したことあります・・・)なので、人間の手で図面を引いています。

●電車の模型ですら好みや意見がたくさんあるのです。値段がそれなになるレイアウトならばなおさら意見がたくさん 出るはずです。ならば、満足してもらえる模型を一つ一つ作ったほうが結果いいものを作れます。
 そして、大量生産で製作してもきっと値段自体はさほど変わらないと思います。
 貴方仕様にレイアウトにできて、値段が一緒ならば、1点モノの方が価値が高いですよね!

ペーパーレイアウトを直接見たお客様は
「質感が半端ではない!」「フォルムがプラよりも数段良い!」
といっていただける方もいます。

20作以上製作した経験から塗装で質感、イメージ、カラーリングを考えて塗装をしているからこそ出せます。
大量生産品ではコレを再現するのは不可能だと思います。

最近、東京スカイツリーの模型を作りたいといろんなメーカーさんが来ています。
その道のプロの方が
「複雑すぎて金型で再現するのは大変すぎる」
と感想を漏らしていく人が多いです。

どうやら紙の柔らかい質感だからこそ
あの複雑な曲面が出るのかも知れないですね。

実物と見比べてもらうとわかりますが、

特殊な形はどの模型にも負けていないと思います

P1040481.jpg

当店の模型は
フォルムだけを重視した作りではありません。

ちゃんと構造を意識したつくりで製作しています。構造第一主義!

博物館などにあるような”いかにも模型”なモノは作りません。

質感、カラーリングを考慮して実感的な模型を製作致します。飽きない模型!!

なくなってしまったもの、これからできるものあるだけの資料から製作致します。

プロの設計士が解析して、わかる範囲でできるだけ再現いたします。理論的に構築して製作!! 

個人のお客様もそうですが、企業の皆様。

エコな素材で実感的な構造模型である
ペーパーレイアウト(ペーパージオラマ)を使ってみてはいかがでしょうか?


紙でないと作れないものがあります


千葉県市川市市川南1-4-24大信コーポNo.6A

ホビーショップ F-turn
047-369-6123


HP→http://fturn.web.fc2.com
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://fturn.blog10.fc2.com/tb.php/187-45f95e88
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。