--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.21

JAM引き続き出展中です


第11回JAM(鉄道模型コンベンション)に出展中です。

こんばんは。JAMにご来場いただき、カルーラ技研
並びに当店のお客様がMPで出展しています“ペーパーレイルウェイズ”
をご覧いただけた皆様ありがとうございます。

いかがでしたでしょうか?

余部鉄橋のジオラマが頭上に設置できるという
“ペーパーレイアウトだからこそできること!”
また、ペーパーレイルウェイズに展示してある
“リアルな鉄橋を走る車両たちの魅力的な姿”
最高ではないですか?

本来ならば、これを皆さんが作ったり、作例がたくさん出たりしてくれたら最高なんでしょうが、
現場で説明しましたが
“作れないんです”

なぜかといいますと。

鉄道模型の業界には設計士という職業の人が入り込んでいないからです。

ましてや鉄橋の構造を解析して構造模型レベルのクオリティが出せる人間がいないのです。

特殊な鉄橋がほしい

欲しい人がすくなくなる

金型にしても採算が取れない

ワンオフになる

作る側が面倒くさい。解析できないから一つ一つプラ棒などで製作する

プラ棒だとごつくなって鉄橋のシャープさがでないし、精度が低くなりやすい

作ってくれるメーカーがいない

もし作ったら納期がかかるので値段が半端ない!

受注がないから本物の鉄橋はこの先も出てこない


となってしまいます。

ホビーショップF-turnでもその一部が確かに当たっているところがあります。
HPのリストを見ていただければわかりますが、高いと感じる人がいると思います。
納期は確かにかかるのである程度は値段に反映してしまうと思います。

ですが、上で説明したように、
皆さんが本当に欲しいものは、
自分で作る以外は絶対に出てこないです。


ですが、少なくてもプラ棒などで製作するより
●納期が早い
●橋梁がシャープにできる
●質感抜群
●構造が本物どおりだから強度抜群!


まだ見ていない皆様。
残り1日ございます。
是非
東京ビックサイトで行われていますJAMにお越しください!

また少しでも興味をお持ちいただいた皆様。

少し敷居の低くなる話&ほしくなる話を(笑

まずは敷居の低くなる話
遊んでいない車両とペーパーレイアウトを交換できます!
ホビーショップF-turnは中古模型の販売買取をしております。

今日JAMに行ってお話しを聞いていただいて、ちょっと模型の楽しさの一部を楽しんでいなかったなと
思っていただいた皆様。
たくさん持っていても遊べない車両って結構あるということに気づいたと思います。
そこで、その車両を売って、ペーパーレイアウトを購入して、
もっと鉄道模型の楽しさを味わいませんか?

ペーパーレイアウトを購入していただくために車両をお売りくださる場合、
買い取り額は20%UPをさせていただいております。
例:
査定額¥10000のとき
レイアウト値引き金額は¥12000となります!


長年コレクションしてきて、ペーパーレイアウトの良さに気づいていただいたあなた!
そのコレクションの一部を手放すだけで、結構な金額になると思います。
あっという間に現金で支払う金額が半分位になったりするかもしれません。
ほらっ!少し敷居が低くなったでしょ♪

次に欲しくなる話です。

当店HPに出ているペーパーレイアウトのリストをみてください。

コレは約2年間くらいで製作したものです。
このリストの鉄橋のうち皆様が目にしたことあるものはどのくらいありますか?

場合によっては当店のリストで始めてみたというものも相当あると思います。

・・・ということは

ホビーショップF-turn以外には作らないのかもしれません!

*当店はオーダーメイドで製作しています。

当店でレイアウトをご注文していただく

皆さんがうらやましがる橋梁をゲットできる

他の人がかぶって注文しない(という可能性がかなり高い)

30年たってもオンリーワンでナンバーワンのレイアウトのオーナーさんになれる

至高の鉄道模型コレクションができる


いかがでしょうか?運転会でも主役はあなたの注文したレイアウトです!
そして、それはずーっとかもしれません。

そんなに耐久性ないでしょと思っている皆様。

強度については抜群な強度をしてます
(過去に蛍光灯ユニットが落ちても無傷だったことがあります)

また耐久性もご心配なく
塗料や下地などはHOペーパー車両並に耐湿など気を使って行っております。
ペーパー車両はちゃんと作れば30年以上持つということは実証済みですから、30年くらいは大丈夫だと思います

それに引っ掛けて破損しても
ボンドで一発補修完了です!

プラスチックではこんなことできないでしょうし、30年位したらプラは風化します。

紙は風化しませんから!!!

●超軽量
●高強度
●誰もが欲しいあの場所を独り占め
●耐久性も問題なし!
●エコな製作方法


まさに理想的なレイアウト
ペーパーレイアウト!


この機会に是非考えてみてはいかがでしょうか?
この記事を読んで興味を持った皆様。
是非明日のJAMにお越しください!!!

常識がくつがえりますから♪




スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://fturn.blog10.fc2.com/tb.php/205-59f136ed
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。