--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.26

鉄道模型に飽きていませんか?

こんばんは。
鉄道模型に飽きていませんか?

このブログでは何度となく書かせていただいております。
それはなぜかといいますと。

「鉄道模型を楽しんでいない人が相当数いる」
とすごくで感じるのです。

鉄道模型の業界に危機が来ていると私は感じます。
業界なんて大げさだとお感じかもしれませんが。コレはヤバイと思います。

鉄道模型を趣味にしていらっしゃる人々はここ数年で確かに増えました。
それに比例してメーカーのラインナップも本当に増えました。
昔からやっている人は特にそう感じますよね。

どの趣味もそうですが、一番の核となる人たちというのは、
鉄道のピラミッドで言うところの真ん中のあたりだと思います。

*車両数で推し量るのは不適切かもしれませんが、150両~1000両くらいとしましょうか。

このブログを何度と無く見ている人はある程度私の文章を理解していただけたり、納得していただいたり
していると思うので書かせていただきますが、

そのうち何両を遊びましたか?
遊んでいない車両は全体の何パーセントですか?

*遊ぶの中に動作チェック程度を入れてはいけませんよ(笑

痛いところをついたな!
とお感じの皆様もいらっしゃると思います。

鉄道模型を最初買ったときの頃を思い出してください。

好きな車両を買ってきて、好きな風景や自分の理想の沿線を作り、
いつかそこを走らせながら眺めたいな~


そう考えていませんでしたでしょうか?

ですが、

コレは珍しい形式だから買わないと!
コレは限定品だから買わないと!

買ってきてちょっと見て、ニヤニヤしてそれを車両ケースにしまって、
車両コレクションの保管場所において、
そのまま…


確かに場所の問題、時間の問題いろいろあるとは思いますが、それを半年、1年と続けてしまった結果…

500両もあるけど遊んだという車両は
初心者時代に遊んだ車両たちだ…

コレが進んでいくと、
「何でこんなに買ったんだろう…」
「鉄道模型って何が楽しかったんだろう…」


↑少しこう考え始めていらっしゃる人もいるかもしれません。

私がペーパーレイアウトの世界に入ったのは、ココまで追い込まれたからです。私はたまたま実在する場所をレイアウトにして、本物の鉄道をそのまま自宅に再現する楽しさに
出会ったので、そのピンチを切り抜けることができました。

レイアウトは風景を作る模型です。ですが、そのほとんどは風景の中身にかなり作りこみを重視しすぎて、
車両を見せる事をおろそかにしてしまう傾向にあると思います。

ですが、車両が走って、バランスがよく映るからこそ、作りこんだ風景が映えるのだと考えます。

ペーパーレイアウトの世界は、車両を生かす事を重視して製作することによって、
鉄道模型を眺めるということを一番大事にしています。

だって、
鉄道模型は車両の模型が主役ですから!

車両を車両ケースにしまったままだと、主役が全く出てきません。
それでは鉄道模型に飽きてきて当然だと思います。

鉄道模型の楽しさをもう一度考えてみませんか?

走らせる、眺める、作りこむ

人には向き不向き、好みがありますが、
今の本当に鉄道模型楽しんでいますか?


いや。楽しんでいない!

と思った皆様。ココで軌道修正しませんか?

是非当店にお越しください。
113nebu2.jpg

微力ながら↑のような飾る楽しさ、
模型の値段分は確実に楽しむお手伝いをさせていただきます。

そして、本当の楽しさを知っている人がいないと、
趣味をやめてしまう人が増えてしまうので、鉄道模型の業界は終わります。(←やっと結論にきましたw)

鉄道模型倶楽部を開設しました。

ペーパーレイルウェイズのページへ

既存の鉄道模型の倶楽部とは全く違うと思います。
(鉄道に詳しいのも大事ですが、鉄道模型本来を楽しみを満喫する事を重視した倶楽部です)
同じ考えの人がたくさん集まるとても居心地のよく、楽しい模型倶楽部をと考えていますので、
是非ご検討ください。

来年のJAMは皆さんで、楽しい運転会ができたらなと考えております。

DSCN3992.jpg

今年のJAMでは、一発で東海道線!とわかる有名撮影ポイントを鉄道模型に
“ペーパーレイアウトで”再現しました。

来年、この鉄橋をあなたの車両を走行させませんか?
*レイアウト自体、東海道線にこだわってないので、何線でもOKです!!
当会に入って、あなたのレイアウトを増設して、もっとカッコいいレイアウトを一緒に作って、
眺めて楽しみませんか?

誰も作ってくれない有名撮影ポイントを
完全オーダーメードで製作する日本で唯一のお店です。

ホビーショップF-turn
千葉県市川市市川南1-4-24大信コーポNo.6A
047-369-6123

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://fturn.blog10.fc2.com/tb.php/215-a53ff64c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。