--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.10

「たしか」キット Y検車区 発売開始しました。

ペーパーレイアウトを主体にした鉄道倶楽部
が出来ました!!詳しくは→こちらまで


一部のキットをお待ちの皆様お待たせいたしました。

ホビーショップF-turnが提案するペーパーレイアウトシリーズ
の最新作

「たしか」キット Y検車区
の販売を開始いたします。

P1020089.jpg
*作例は塗装をしております。

以前からこちらに書かせていただきましたが、鉄道模型はマンネリになっていると思います。
確かに車両はバンバン出ています。ですが、以前のような
鉄道模型全体への真新しさがなくなっているというか、
出ていない車両たちを
ただ穴埋めのようにリリースしているだけに私は感じます。

それは、鉄道模型全体としての新しい提案や形が最近ないからなのかもしれません。

*新しい提案というのは、当店が製作しているような
実在する場所をそのまま模型にする とか
今まで全く取り上げられていなかった素材を使って今までにないものを製作するとかをさしています。

特に顕著なのは、レイアウトです。
皆さんたくさんの作例を発表していますが、そのほとんど(90%以上)は
駅舎や鉄橋や鉄道施設、建物はどれも一緒
で違うのは
線路配置や沿線の道路配置くらい

だと思います。
コレでは鉄道模型としてマンネリになっているといわざるをえないと思います。

そこで、マンネリの鉄道模型世界を少しだけ打破する悪あがきをするものとして、
車両が留置して、ヤードレイアウトなどに似合う検車区を製品化しました。

P1020093.jpg

さて、検車区などは比較的に似ているものが多くて違いなんて出せないだろう!といろいろと調べていたところ、
側面がコンクリートで出来てる車庫を見つけました。
それが、このY検車区のモデルになっています。

ちなみにこの車庫のモチーフは
東急線の車庫でございます。

当然行ったことがないですし、キットにする際に作りにくいなどの諸事情でいじっているところがありますが、
何も説明しないで
「東急の●●検車区」って言えば誰もが全くそのとおりだ!
といっていただけると思います。
そのくらい検車区のデザインなどに興味のある人が少ないのかもしれませんが、
興味があまりないからといってリリースされていないと、どれも同じレイアウトになってしまいますので(笑

さて、この検車区の特徴は、
P1020096.jpg

内部がある程度再現できます!

今までのストラクチャーのほとんどは、
ハリボテが大半でした。
ハリボテではストラクチャーに注目しないでしょうし、興味もないと思います。
そこで
本当の意味で鉄道模型にリアルさを追求するキット
を製作しました。
パンタグラフ点検台や基礎の設置、階段、手すりなど
すべて紙で製作できるようになっております。


また、基本はベースキットとして考えておりますので、
私が設計した内容に手を加えたい。
違う素材を使ってみたい
そんな皆様は外側だけ使っていただき、中身はあなたの思うようなものを製作してください。

検車庫の全長280mmになっています。
(2両がちょうど入る長さです)
選択式で、行き止まりタイプにも連結式にも製作できます。
短編成で運用するならば、1コで。
長編成の車両の場合には連結をすることが可能となっております。

P1010950.jpg

“あなたの好きな検車区に仕立ててください!”
*ちなみにモチーフにしている車庫は2個つなげるとほぼ再現できます。

また、屋根は基本脱着式にしてあります。
コレは、
P1020098.jpg

このように上からのぞくという今までの鉄道模型ではありそうでなかった楽しみ方が出来るようになっております。
特に屋根上がごちゃごちゃしているものなど、作りこむ人が多いのにクローズアップすることが少なかった
ところをしっかりと、はっきりと
強調され、今までの苦労やメーカーの超絶作例を引き立ててくれます。

さて、コレだけでも結構楽しさがあるのですが、もうひとつあります(笑

カルーラ技研様が現在開発しているLEDライトユニット(仮称)を取り付けることが可能です。

P1020110.jpg

カルーラ技研様のLEDライトユニットは超省スペース&フレキシブル基板なので、取り付けがとても簡単です。
(作例は、壁面にボンド止めをしています)

LEDがとても小さいのですが、光量も十分ありますし、明るくもなく、暗くもなくというちょうどの感じが良いです♪

好きな塗装、作例。
今まで作例のない検車区の構造
ある程度構造も意識した補強
バランス重視でリアルを追求


それがホビーショップF-turnの
「たしか」キットです。

いかがでしょうか。ちょっと興味持っていただけましたか?

それでは、肝心の値段です。

「たしか」キット Y検車区 キット  ¥3800-
です。紙のくせに高いと思うかもしれませんが、
工作量はかなりありますし、プラキットだったらもう少し高い値段になるかなと思います。

難易度はペーパートラスキットよりも高いです。
普通に組んで15時間くらいかかると思います。

そして、学割価格もあります

JAMなどで高校生の皆さんがペーパーレイアウトに興味を持っていただいたようで、
いろいろと質問されました。
口でペーパーレイアウトを説明するのはとても難しいので、是非体感してもらいたいと考えまして、
以下の条件を満たしている学生さんには学割を適用したいと思います。

1、高校生以下の学生さんで、購入時に学生証が提出できるかた
(別にコピーとかとりません(笑 高校生かなぁ~って確認したいだけです)
2、ブログやHPで紹介できて、製作記事を載せてくれる人
3、買っただけで終わらせず、作ってみようと思っている人


以上を満たしているそこの君!是非!

学割価格 ¥2800-(¥1000-引きです)
とさせていただきます。

*HPは作成中の為、しばしお待ちください。

一応、10月11日から発売します。
尚、遠方の方はHPからご注文ください。
HPアドレス→http://fturn.web.fc2.com

また、近日中にペーパーガーダー橋キット2種(1/150)を発売しますので、こちらもお楽しみに!
そして、機関庫シリーズが好評でしたら、もう1個くらい作ろうかなと思っています。
完成品も検討していますので、そちらもお楽しみに♪
それでは!!!

本当の鉄道模型の楽しさお伝えします!
ホビーショップF-turn
千葉県市川市市川南1-4-24大信コーポNo.6A
047-369-6123



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://fturn.blog10.fc2.com/tb.php/217-cf25a6aa
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。