--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.14

スカイツリーのライトアップがありましたが


紙だからといって馬鹿にしない方がいいですよ。
なぜならば、紙を知らないと、いつまでたってもカッコいいレイアウトを作ることが
出来ないですから(笑
紙の可能性を今一度考えてみませんか?


昨日、東京スカイツリーのライティングテストを行われました。
私も楽しみに市川駅の南口にある
ザ・タワーウエストにの展望台で確認しようと思ったのですが、
ライティングはスカイツリーから西側に向かって行われたようですね・・・

そして、すごく少ない数しかやらなかったようでして・・・
勿体無いような・・・

実際に行った方もちょっとがっかりした人も多いと思います。
(尚今後、テストの予定はないそうです)

さて、ホビーショップF-turnでは、
紙の可能性を知るべく、
複雑な構造で、シルエットが最高に美しい東京スカイツリー模型を昨年11月に完成させました。


P1040481.jpg
↑1/400東京スカイツリー(160センチ)

さて、ココまで作りましたので、当然の事ながら、スカイツリーに実際につくようなライティングをしたいと
思いまして、
現在株式会社カルーラ技研様のご協力を仰ぎまして、ライティングを開発しております。



↑コレが各展望台の想定されるライティングです。
*スカイツリーの公式プレス発表を参考に製作してみました。
あくまでも、アマチュアがもらえる資料などを基に推測で製作しております。したがって実際とは異なる可能性がかなりあります。

また、地面から第一展望台までのライトを現在製作中です。
紫のライトパターンでは、白のライトが点在して、カッコいいものが出来るようです。
こちらも一応推測して試作してみました。

DSCN3792.jpg

とても綺麗な感じになりそうですね!

あと1年以上待たないとスカイツリーのライティングは見れません。
ですが、こちらのライティングは50パーセントくらい開発は完了しました。
なので、うちの模型のライティングが先に出来るかもしれないですね♪

☆当店は、世界で唯一“紙”で構造物、ジオラマを製作する
エコと新たな可能性を提案する模型店です!


鉄道模型の世界に足りないもの・・・
それは走らせる地面に魅力的なものが少ないことではないでしょうか?

また、鉄道模型をしているうちに、
自分が目指していた鉄道模型を見失っていませんか?
車両至上主義の鉄道模型業界ですが、あまりにも偏りすぎだと思います。

車両工作派がすごく増えたかというと全く逆で、少なくなっています。
要は、車両をただ買って、それでおしまいになっているという人が結構増えたのかもしれません。
特に、ある程度車両を持っている人程、その状況に陥っているのではないでしょうか?

そのような「知らぬ間コレクター」さん

ホビーショップF-turnがもしかすると解決できるかもしれません。

当店は、昨今の模型店のような、コンビニ的なお店ではありません。

小さいお店ですが、いろんな情報交換して、教えられるテクニックは教えて、という
模型店本来の姿をモットーにしてるお店です。(私は29歳の若造ですが・・・)

でも、そんなお店のほうが、モチベーションがあがったり、いろんな人と知り合えたり、
模型運転会をしたり(お客さん有志の鉄道倶楽部ペーパーレイルウェイズ会員募集中!)と楽しいはずだともいます。

特に私は一人で鉄道模型を楽しんでいる

“一匹狼モデラー”さんにオススメしたい!

走らせる楽しさ、模型を値段やクオリティを存分に楽しむ為に、
レイアウトで走行させませんか?

でも・・・
走らせる場所が自分の部屋にはないし、レンタルレイアウト屋さんは楽しくないし・・・

そこで!

ペーパーレイルウェイズにも同時に入会しませんか?
*ペーパーレイルウェイズに入っている人のほぼ100%が、“一匹狼モデラーさん”です。

まだ、活動してはしていませんが、是非、一緒に“一味違う、そして本当の鉄道模型の楽しさ”
を味わえたらなと思います。

みんなで楽しく、至高の鉄道模型趣味をしませんか?

そして、あなただけのレイアウトをゲットしませんか?

興味を持った人は
ペーパーレイルウェイズ
ホビーショップF-turnホームページ
まで!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://fturn.blog10.fc2.com/tb.php/220-894fb188
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。