--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.02

みんなが持っていないものをお探しの皆様。


日本で唯一
貴方が本当に欲しい鉄道施設。撮影ポイント、橋梁などを
オーダーメイドで、そして構造まで正確なジオラマを製作いたします。


鉄道模型の世界で本物を追求したい。
もっとリアルな鉄道模型を楽しんでみたい。
人が持っていないものを持ちたい!


鉄道模型をある程度やっている皆様はそんな願望をお持ちだと思います。

鉄道模型は半世紀くらい歴史があります。
車両はほとんどと言っていいくらいリリースや作例があります。
ですが、鉄道施設、橋梁、駅舎の有名な場所は
作例も少ないですし、つくれるメーカーがあまりありません。

私がアマチュア時代だったころ、碓氷峠のめがね橋と、余部鉄橋がすごく欲しかったんです。
ですが、作例も少ないし、余部に至っては見つける事ができませんでした。

現在、運良く、写真数枚から解析ができ、
世界中の橋梁を作る事ができる設計士と知り合いになれたことで、
何でもつくれるようになりましたが、知り合いにならなかったら、きっと一生幻の作例たちだったと思います。

P1040901.jpg

只見川第一橋梁や

nebukawa1.jpg
根府川橋梁(白糸川橋梁)

などの有名撮影ポイントを金型など一切なく、
オーダーの通りに製作できるところは、日本にはどうやらないようです。

もっと突っ込んで言えば、
「構造までも再現した、まさしく本物の模型」
はおそらくつくることは
F-turnでないとできないでしょう。

鉄道模型のコレクションとして、
車両はもうたくさん出ています。

最近では、マイクロエースなどのメーカーさんが
かなりマニアックな編成までも商品にしています。
ちょっと前ならば、
「誰も作らないだろうから、この模型はコレクションとして価値がある!」
と製作にいそしんでいらっしゃったと思います。

ですが、それも違いを出す事ができなくなってしまいました。

以上の事を踏まえて、私はコレクションの頂点は
「路線をコレクションする」
ことだと思います。

たとえば、東北本線が好きだったとしましょう。

●東北本線の模型を一通りコレクションした!↑コレを実現するのは財力と、生産タイミングさえ合えば、かなうことだと思います。
ですが、これってインパクト強いでしょうか?
そして、“東北本線”を表現するとき、結構難しくないでしょうか?

ぱっと見た瞬間に“東北本線”とわかってもらうのは難しいと思います。
(*コレクション自慢をしろといっている意味ではありません)

●東北本線自体を持っている!

例えば、ヒガハス(東大宮~蓮田)の大カーブ。
コレがジオラマにあったら、ぱっと見ただけでわかると思いませんか?
鉄道ファンなどの鉄道雑誌にも新車や珍しい編成などあれば、撮り鉄ファンで一杯になるところです。
そこに、115系が走ったり、20系のブルートレインが走れば、あるところまで行った鉄道ファンならば、
説明の必要もなく
“東北本線”
とわかるでしょう。

そして、鉄道模型ファンとしてこうおもうのではないでしょうか?

「いいなぁ~うらやましいな~ いいコレクションしているな~」

ある程度ハイクラスになるほど、人がうらやましがるコレクションをするのは難しいです。

P1040954.jpg

青梅線の軍畑鉄橋
ってわかりますよね。

これをひとつもっていれば、どのくらい青梅線が好きかわかりますよね。

再生産されて、がっかりしたりするコレクションよりも、
どんだけ欲しくてもゲットできない、誰もがうらやましがるジオラマ


10年経とうが20年経とうがいつまでも大事にできるもの

それが、ジオラマだと思うんです。
このブログを見ていただける皆様はきっと、普通のコレクションには
さほど興味がないと思うんです。
むしろ
「いいなぁ~。 自分の好きな路線が自分の物になったらどれだけいいか!」
とお考えだと思うんです。

でしたら、是非その路線をゲットしてはいかがでしょうか?
うちでジオラマを買っていただけた皆様は
「鉄道ファンの夢をゲットできた」
と喜んでいただけております。

ちょっと路線そのものをコレクションするということを考えてみるのはいかがでしょうか?
遊んでいない車両を買い取りに出したり、分割で支払ったりと、
当店はできる限り相談にのります。

P1040831.jpg

京急がお好きならば、やっぱり八つ山橋ですよね!
京急の車両を1両も持っていませんが、どの京急ファンの人も
持っていない
「京浜急行電鉄」を私は持っています。

コレが答えだと思った皆様。
ご来店お待ちしております。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://fturn.blog10.fc2.com/tb.php/272-c1145be2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。