--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.17

お客様が走行させた写真を掲載します。

実在する場所をそのまま鉄道模型に再現いたします!

本日はF-turnのレンタルレイアウトをご利用いただいたお客様の自慢の車輌たちを
掲載させていただきます。
(一応事前に許可をいただいているものを掲載させていただきます。ご協力ありがとうございます)

なお、かなり撮ったものが煩雑なので順番どおりになっていません。
また、私の生まれつきのピンボケフラグのせいで、
折角の車輌を台無しにしてしまいそうと判断したものは、掲載をしておりません。
また、タイミングを見てこのような場を作りますから!

もし撮影したものを掲載してもよいという心優しいお客様がいらっしゃいましたら、ご一報ください。

P1030842.jpg
●只見川第一橋梁を通過する373系(TOMIX)

P1030860.jpg
●余部通過中のEF60茶色+14系寝台(どちらも)

P1030965.jpg
●高架線とE127系100番台(KATO)

P1050141.jpg
●キハ183系500番台(実はコレ後ろがすごいんですよ! …撮り忘れました orz )

P1050274.jpg
●Bトレだって楽しめちゃいます! 485系あかべぇ塗装 オープンループを通過中

P1060640.jpg
●同じ下りということで、 EF63重連+EF62 (KATO)*本当は後ろに妙高がついていたんですが… ボケました。

確かの上記の車輌はその路線は走りません。
ですが、こうも考えられると思います。
「自分の車輌をいかにかっこよく走行させようかと考えて楽しんでいる」

本来は、自分の車輌をかっこよく走らせるためにジオラマを作って、シチュエーションを楽しむ。
だと思うんです。

レンタルレイアウトで
そのような感覚で楽しまれたことはありますか?


余部に実際に走ったものを走行させる。
もし電化したらこの路線にはコレが走行しているはずだ!

などただ楽しむでもいいと思いますが、
折角重たい思いをして走らせに来ているのですから、
シチュエーションなども考えて、唸らせてみてはいかがでしょうか?

それは、
車輌の出来や両数ではないと思います。
“いかにあなたが楽しんでいるか”
是非楽しみに来てください。
1人でも楽しめ、ゆったりとした気分で楽しめるレンタルレイアウトがあります。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://fturn.blog10.fc2.com/tb.php/278-0c8d19f7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。